第343回TOEIC®公開テスト難易度・感想@大阪(2024年1月28日)

今日1月28日は、第342回、第343回TOEIC®公開テストが開催されましたね。

今日は、大阪府大阪市の大阪メトロ弁天町駅そばにあるアートホテル大阪ベイタワーで、午後の第343回を受験してきました。初めてあたる会場でした。

ツバメが南国に行っているので、ピンチヒッターです。

今日は受付開始が10分ほど遅延しました。どうやら、受験者一覧の紙がなかった模様です。
「大変申し訳ございませんでした。」という謝罪が3回ありました。

今日の会場は、机の上に布が敷かれていてマークしにくいという理由で、全員に下敷きが配られました。もしかすると、マークしにくいというクレームが午前中にあって、下敷きを手配しに行って受付開始が遅れたのかもしれません。

また、SW の広告が新しくなっていました。

さて、今日のフォームは、「インドと思われる場所で、眼鏡をかけたアンベードカルに似たTシャツを着た男が自動販売機のボタンを押している」フォームでした。

今回のTOEIC®公開テストの難易度は次のように感じました。
(この1年間の大阪の午後のTOEIC®公開テストとの比較)

Part1: やや難
易しい問題と難しい問題の差が大きかったと思います。
おそらく TOEIC®TEST ではじめて出た単語がありました・・・とも思ったけど、知り合いによると、出たことあるらしいです。個人的にはあたったことがないです。フォームが複数あるので、こういうこともありますね。
それから、知り合いによると心霊写真があったらしいのですが、ありましたか?気付かなかったです。モザイクがかかっていた写真のことかもしれません。

Part2: 普通
ここは普通でした。市販のテクニック本の通りにやると間違う問題がありました。

Part3: やや難
ここは難し目でした。選択肢が紛らわしく意地悪い問題がいつもより多めでした。

Part4: やや難
ここも難し目でした。選択肢の中に難し目の単語がありました。その難しい単語が入った選択肢は間違いです。ただ、心理的に知らない単語は選びたくなるので、間違った人も多いかも。

Part5: 難
この1年では一番難しかったと思います。選択肢が簡単な割に悩みそうな問題がちらほらありました。
また、10年ぶりくらいに出た問題がありました。もうこの問題は今後出ないのかもと思っていた矢先に出ました。
それから、数か月前に出たばかりの表現がまた出ました。前回が TOEIC®TEST の歴史上、初めての出題だったと思いますが、おそらく正解率が低かったのだと思います。TOEIC®TEST っぽくない表現なので、意外と知らない人が多いかもしれません。日常英語の方が出てくる確率が高いと思います。

Part6: やや難
問題文そのものは難しくはありませんでしたが、選択肢がやや難し目で、トリッキーな問題がちらほらありました。

Part7: 易
この1年で2番目に易しかったと思います。
Part 5 の正解となる表現が4か所出てきました。
また、同義語問題を解く手掛かりになりそうな表現も別のところにありました。
それから、支払いがインドルピーで行われているものがありました。

今日できた方もできなかった方も、これからも頑張ってくださいね!


ランキングに参加しています。ページが参考になりましたら、バナーのクリックをお願いします。
↓ ↓ ↓
にほんブログ村 英語ブログ TOEICへ 


カテゴリー: 大阪英語特訓道場のTOEIC®テストブログ タグ: , , , , パーマリンク