第273回TOEIC®公開テスト難易度・感想@大阪(2021年7月11日)

今日7月11日は、第272回、第273回TOEIC®公開テストが開催されましたね。

今日は、大阪府大阪市の大阪メトロ御堂筋線梅田駅のそばにある新梅田研修センターで、午後の第273回を受験してきました。

TOEIC® L&R が今の形式になって5年がたちました。しかし、今なお謎が残っています。

「携帯電話は再び電源が入らないようにして鞄におしまいください。」とアナウンスがありますが、携行品リストに鞄はありません。鞄を持ってきていない場合はどうするのでしょう???TOEIC®TEST 最大の謎です。

今日は、「本日は試験官も受験いたします」(?)という謎のアナウンスがありました。

フォームは、「汚い壁の横を歩く身長160 cm、80歳前後のワンピースを着たやや太めの女性の後ろにいる身長165 cm、30歳前後の眼鏡をかけた女性の脇で、身長165 cm, 90歳前後の男が自転車を押している」フォームでした。

さて、今回のTOEIC®公開テストの難易度は次のように感じました。
(この1年間の午後のTOEIC®公開テストとの比較)

Part1: 普通
最近、こんな感じですね。2年以上前とちょっと違います。

Part2: 易
緊急事態宣言後、最も易しかったと思います。

Part3: やや易
最近にしては易しめでした。

Part4: やや易
最近にしては易しめでした。

Part5: 普通
オーソドックスでした。

Part6: 普通
意味を勘違いしやすい単語が問われていました。真反対の意味にとると間違えます。韓国の TOEIC®TEST では、設問に絡んだことがありますね。日本の TOEIC®TEST では問題文中に出たことはありますが、直接質問に絡むのはおそらく初めてだと思います。

Part7: 普通
1か所解きにくいのがありましたが、全体的には普通だと思います。


ランキングに参加しています。ページが参考になりましたら、バナーのクリックをお願いします。
↓ ↓ ↓
にほんブログ村 英語ブログ TOEICへ 


カテゴリー: 大阪英語特訓道場のTOEIC®テストブログ パーマリンク