第295回TOEIC®公開テスト難易度・感想@大阪(2022年5月29日)

今日5月29日は、第294回、第295回TOEIC®公開テストが開催されましたね。

今日は、大阪府吹田市の阪急千里線吹田前駅近くにある大和大学で、午後の第295回を受験してきました。

最近の大和大学のCMで気づいたのですが、大和大学は、「ダイワダイガク」ではなく、「ヤマトダイガク」と読むらしいです。TOEIC®TEST よりも大分難しいです。

今日のフォームは、「黒いバンダナと黒いシャツと黒いズボンを身に着けた180 cm前後の年齢不詳の男が右手に命綱を持ちながらリポビタンDのCM撮影をしている」フォームでした。

さて、今回のTOEIC®公開テストの難易度は次のように感じました。
(この1年間の午後のTOEIC®公開テストとの比較)

Part1: 難
この1年間では1番難しかったと思います。間違いの選択肢に紛らわしいものが多かった感じです。

Part2: 難
この1年間では1番難しかったと思います。遠回しの答が難し目でした。

Part3: やや難
ここもやや難しかったです。場面設定がわかりにくいものがありました。

Part4: 普通
ここは普通でした。

Part5: 普通
Part 5 内で、同じポイントを聞いている問題がありました。先月から新しい問題作成者が多く入っているような気がしますが、全体の問題チェックが甘いと思います。1問1問はよくできているので、全体を見て、問題の重複がないかをよくチェックしてほしいと思います。でも、ひどかった先月よりはだいぶましになったと思います。
それから、日本人しか間違わないような問題がありました。問題作成者に日本語ができる人がいるのかもしれません。ちなみに、韓国でこれが出たという話は聞いたことがありません。

Part6: やや難
少し変わった場面設定の問題がありました。
1問、多くの人が瞬殺したであろう問題で、実はその選択肢が間違いというものがありました。ほとんどの人が直感的にある選択肢を選ぶと思いますが、ここではそれは間違いです。半数以上の人が間違っているような気がします。ものすごく簡単に見えて、奥が深い問題でした。ちなみに、知り合いの990点取得者も間違っていて、「あおおおおおお!!」と言ってました(笑)。

Part7: やや難
設問と直接関係がないところに難しい単語が多かったと思います。惑わされた人は大変だったかもしれません。

総合的に見ると、この1年で1番難しかったと思います。

今日できた方もできなかった方も、これからも頑張ってくださいね!


ランキングに参加しています。ページが参考になりましたら、バナーのクリックをお願いします。
↓ ↓ ↓
にほんブログ村 英語ブログ TOEICへ 


大阪英語特訓道場代表:亀田浩史 の紹介

地方無名校から東京大学へ進学。 学生時代に海外経験なしでTOEIC®TEST980点 を取得。TOEIC990点獲得回数は50回超。毎回TOEIC を受験し、最新傾向を随時オリジナル教材・レッスンに反映。 主要大学の解答速報、英検解答速報も作成。英検1級。訳書6冊。
カテゴリー: 大阪梅田のTOEIC®990点講師のブログ タグ: , パーマリンク