2020年度早稲田大学教育学部英語解答速報・講評

【解答例】

(1) 4 (2) 3 (3) 1 (4) 1 (5) 4 (6) 1
(7) 1 (8) 2 (9) 3 (10) 2 (11) 4


(12) 1 (13) 1 (14) 3 (15) 1 (16) 1 (17) 3
(18) 3 (19) 2 (20) 2 (21) 3 (22) 2


(23) 2 (24) 2 (25) 3 (26) 2 (27) 1
(28) 1 (29) 3 (30) 4 (31) 4 (32) 2


(33) 3 (34) 4 (35) 1 (36) 2
(37) 4 (38) 4 (39) 3 (40) 2


(41) 4 (42) 3 (43) 4 (44) 1 (45) 1
(46) 3 (47) 3 (48) 2 (49) 4 (50) 1

【講評】(難易度は早稲田教育平年対比)
一昨年の問題形式に戻った。

Ⅰは標準的な長文読解問題。
2 は justly がひっかけ。just であれば正解。この引っ掛けは、TOEIC®TEST で頻出なので、TOEIC®TEST の勉強をしたことがある人はすぐピンときたかも。

Ⅱは標準的な長文読解問題。

Ⅲは標準的な長文読解問題。

Ⅳは標準的な長文読解問題。

Ⅴは標準的な長文読解問題。
44 は難。scurry は「あわてて動く」の意。


ブログランキングに参加しています。
記事が参考になりましたら応援クリックお願いします!
↓ ↓ ↓
にほんブログ村 英語ブログ 英語学習情報へ 


カテゴリー: 大阪英語特訓道場の大学受験英語コラム パーマリンク