第263回TOEIC®公開テスト難易度・感想@大阪(2021年2月28日)

今日2月28日は、第262回、第263回TOEIC®公開テストが開催されましたね。

去年は、慶應義塾大学の問題で、「私は、TOEIC®TEST 730点取りたい」という文が出て話題になりましたが、今年は特に何もなかったようです。

今日は、試験開始前に、問題用紙に受験番号と氏名が書かれてるか試験官がチェックしていたようです。

また、終了後は規制退場が行われたようです。各部屋をブロックに区切り、ブロックごとの退場となったようです。

さて、今回は、受験された方の感想の紹介です。
フォームは、「はげたおじさんが液体を出している」(?)フォームだそうです。

今回は新たな問題作成者が加わったようです。書き癖が違ったようです。紫式部と清少納言の文章が違うように、みな1人1人書き癖があります。

Part1: やや難
簡単な問題と難しい問題がはっきりしていたようです。
おじさんが何の液体を出していたのかは不明です。

Part 1 は何も無かった
特別なことは何も

Part2: 普通
市販の本によく書いてある通りに解くと間違う問題があったようです。怪しいテクニックに頼るのではなく、きちんと聞く力をつけるのが大事です。

Part 2 は少し笑った
その後で寂しくなった

Part3: 普通

Part 3 にあと幾つ逢えるだろう

Part4: 難
TOEIC®TEST っぽくない難しい単語が出たようです。

希望や夢を歌った
BGMなんてなくても
Part 4 が微かに聞こえてくるから
そっと耳をすましてみる

Part5: やや難
市販の本に書いてある通りに解くと間違う問題があったようです。
解けた気満々で間違っている人が多そうです。
Part 5 の答が Part 7 に出てきたようです。

誰の目にも触れない Part 5 を
今日も独り回し続ける

Part6: 普通
Part 6 の答えもPart 7 に出てきたようです。

君の TOEIC®TEST のスコアが15点でも
次のシーンを笑って迎えるための
演出だって思えばいい

Part7: やや難
シングルパッセージがやや重めだったかもしれないようです。

折れた鉛筆の芯がテーブルを汚して
TOEIC®TEST リーディングに「終わり」があることを
リアルに切り取ってしまうけれど


ランキングに参加しています。ページが参考になりましたら、バナーのクリックをお願いします。
↓ ↓ ↓
にほんブログ村 英語ブログ TOEICへ 


カテゴリー: 大阪英語特訓道場のTOEIC®テストブログ パーマリンク