2020年度慶應義塾大学環境情報学部英語解答速報・講評

【解答例】

[31] 2 [32] 1 [33] 3 [34] 2 [35] 2 [36] 1 [37] 1 [38] 2 [39] 2 [40] 3
[41] 3 [42] 4 [43] 4 [44] 3 [45] 3


[46] 2 [47] 1 [48] 1 [49] 3 [50] 1
[51] 3 [52] 1 [53] 3 [54] 3 [55] 2 [56] 2 [57] 1 [58] 4 [59] 4 [60] 2


[61] 1 [62] 3 [63] 3 [64] 1 [65] 3 [66] 2 [67] 2 [68] 1 [69] 1 [70] 1
[71] 1 [72] 3 [73] 3 [74] 2 [75] 3 [76] 3 [77] 1 [78] 1 [79] 3 [80] 3
[81] 1 [82] 3 [83] 1 [84] 4 [85] 3 [86] 4 [87] 3 [88] 2 [89] 4 [90] 2

【講評】(難易度は平年の慶應環境情報対比)
Ⅰは易の長文読解問題。
慶應環境情報としては易だが、大学入試としては難。
[67] はやや難。insurmountable は「克服できない」の意。

Ⅱは標準的な長文読解問題。

Ⅲは標準的な長文読解問題。
[63] はやや難。”dedicated to” で「~に専念している、専門にしている」の意。ただ、TOEIC®TEST 頻出表現のため、TOEIC®TEST の勉強をしたことがある人はわかりやすかったかも。
[64] はやや難。precursor は「前兆」の意。
[77] はやや難。”plough [plow]” through で「かき分けて進む」の意。


ブログランキングに参加しています。
記事が参考になりましたら応援クリックお願いします!
↓ ↓ ↓
にほんブログ村 英語ブログ 英語学習情報へ 


カテゴリー: 大阪英語特訓道場の大学受験英語コラム パーマリンク