2017年度東京大学英語解答速報・講評


【解答例】
1
(A)
国によりビジネス文化が違うという考えがあるが、ビジネスの価値観は職業や社会・経済的地位で決まることが多い。相手の出身国に基づいて判断をするのは悪しきビジネスだ。
(B) (1) b) (2) a) (3) d) (4) f) (5) c)
(ア)violate

2
(A)
Now I’m taking an entrance examination in Komaba campus. I came here yesterday for the first time and was really surprised because there were so many wild animals such as dogs and cats in this campus. Tokyo is a big city where animals have difficulties in finding proper places to live in. This campus may serve as a place of relief for animals.(63語)
(B)
Thank you for your letter. I want to study contemporary dance in the US and become a professional dancer. However, I can’t afford the tuition. I want to use your money to pay it. Some people say dance is totally useless and studying dance isn’t worth the expense at all. But I believe that dance is one of the means to understand other people who are from different countries.(69語)

3
(A)
(6) c) (7) d) (8) a) (9) c) (10) c)
(B)
(11) d) (12) c) (13) d) (14) b) (15) b)
(C)
(16) a) (17) d) (18) d) (19) a) (20) b)

4
(A) (21) [d] (22) [b] (23) [d] (24) [e] (25) [e]
(B)
(ア)
孤独は、温もりを最も必要とする幼少期にそれが欠けていることから生まれるもので、感情面において、そして、肉体面においてさえも苦痛である。
(イ)
コーヒーを買いに行く途中でたまたま外を見ることがなかったら、電車が見事な雪景色の中を通過していることを知ることはなかっただろう。
(ウ)
私たちは孤独でいることの恩恵を自ら否定している。なぜなら、そのために必要な時間を、より有益に使うための資源と考えているからだ。

5
(A) all
(B)
子供時代に予期せぬことが頻繁に起きたので、それらを通常のものとして距離を置いて受動的に受け入れるようになっていたから。
(C)
実の母でないドリスとの関係を説明しなくてはならず、説明に窮している状況。
(D)
(ア)(26) a) (27) g) (28) j) (29) e) (30) c)
(イ)c)
(ウ)d)

【講評】(難易度は平年の東大対比)
1
(A) はやや易の要約問題。
平年よりやや書きやすい。
(B) は標準的な長文の空所補充。

2
(A) は、標準的な自由英作文。「キャンパスに関して気づいたこと一つ」で語数を増やすのが難しいかもしれない。通常、自由英作文では、想像を膨らませて事実でないことを書いてもいいが、この問題は、「試験を受けているキャンパス」について書く必要があるので、ある程度事実に基づいて書く必要がある。
(B) は、やや易の自由英作文。今年は、手紙の返信の形式であった。

3
やや難のリスニング問題。

4
(A) は標準的な誤り指摘。
(B) は標準的な英文和訳。

5 は標準的な長文読解問題。

例年通り幅広い出題である。試験時間に対し分量は多いので、時間配分が大切。特に、要約や自由英作文でスピードの差が出るだろう。要約や自由英作文は独学が難しいので、いい先生を見付けて添削をお願いしよう。名古屋英語特訓道場の家庭教師は東大レベルの要約、英作文も添削します!

ブログランキングに参加しています。
記事が参考になりましたら応援クリックお願いします!
にほんブログ村 英語ブログ 英語学習情報へ

カテゴリー: 大学受験英語コラム パーマリンク