2018年度同志社大学神・商・心理・グローバル地域文化学部(2月9日)英語解答速報・講評

【解答例】
[Ⅰ]
Ⅰ-A (Y) 1 (Z) 4
Ⅰ-B (a) 2 (b) 2 (c) 3 (d) 3 (e) 4 (f) 2 (g) 2
Ⅰ-C (ア)4 (イ)3 (ウ)1 (エ)1 (オ)1 (カ)1
Ⅰ-D (あ)4 (い)5 (う)6 (え)1
Ⅰ-E 1, 3, 8
Ⅰ-F
同様に、探索犬が並外れた嗅覚の持ち主だからという理由よりはむしろ高度に訓練できるという理由のために、私たちは探索犬を使う。

[Ⅱ]
Ⅱ-A (X) 3 (Y) 1 (Z) 1
Ⅱ-B (a) 1 (b) 2 (c) 4 (d) 4 (e) 3 (f) 4 (g) 3 (h) 1 (i) 4 (j) 3
Ⅱ-C (ア)1 (イ)3 (ウ)1
Ⅱ-D (あ)6 (い)5 (う)2 (え)1
Ⅱ-E 2
Ⅱ-F 3, 6, 7

[Ⅲ]
Ⅲ-A (a) 8 (b) 3 (c) 9 (d) 10 (e) 6 (f) 1 (g) 5 (h) 2
Ⅲ-B
Since he looked so nervous, I anticipated that something unusual would happen.

【講評】(難易度は平年の同志社対比)
Ⅰはやや難の長文読解問題。
文章の大意は掴めると思うが、問われている表現が難しめ。
Ⅰ-(B) (a) lingering「長引く」は難。
Ⅰ-(B) (b) tuck「隠す」は難。
Ⅰ-(C) (カ)self-perpetuating「永続する」は難。

Ⅱは標準的な長文読解問題。
Ⅱ-C (ア) a case in point 「適例」は難。

Ⅲ標準的な会話問題。


ブログランキングに参加しています。
記事が参考になりましたら応援クリックお願いします!
↓ ↓ ↓
にほんブログ村 英語ブログ 英語学習情報へ 


カテゴリー: 名古屋英語特訓道場の大学受験英語コラム パーマリンク