2018年度早稲田大学政治経済学部英語解答速報・講評

【解答例】

1 (c) 2 (b) 3 (a) 4 (c), (g), (e) 5 (d) 6 (c), (b), (a) 7 (b)


1 (c) 2 (c) 3 (d) 4 (c) 5 (d), (e), (g) 6 (b), (a), (c) 7 (b)


1 (b) 2 (e) 3 (c), (b), (f) 4 (e) 5 (c) 6 (b), (c), (a) 7 (b)


1 (c), (f), (a) 2 (e) 3 (c), (f), (d) 4 (a)


I disagree with the statement that a law should be passed in Japan establishing a minimum percentage of women in key positions. First, it’s almost impossible to decide what percentage is the best. Male to female ratio is different form company to company. Hence, each company should decide a minimum percentage of women who are in key positions. The percentage shouldn’t be stipulated by law. Second, male to female ratio in companies may change in the future and law may have to be changed accordingly. However, it’s almost impossible to amend it in a timely manner. These are two reasons why I disagree that the law should be passed.

【講評】(難易度は平年の早稲田政治経済対比)
Ⅰはやや易の長文読解問題。

Ⅱは標準的な長文読解問題。

Ⅲは標準的な長文読解問題。

Ⅳはやや易の長文読解問題。

Ⅴはやや難の自由英作文問題。
賛成・反対のどちらの立場に立っても、理由を2つ書くのが難しいかもしれない。

全体的に、早稲田の他学部に比べ、語彙が易しめなので、長文はある程度自分で対策することが可能。しかし、自由英作文は独学が難しい。いい先生を見つけて添削をお願いしよう。名古屋英語特訓道場の家庭教師は早稲田レベルの自由英作文も添削します。


ブログランキングに参加しています。
記事が参考になりましたら応援クリックお願いします!
↓ ↓ ↓
にほんブログ村 英語ブログ 英語学習情報へ 


カテゴリー: 名古屋英語特訓道場の大学受験英語コラム パーマリンク