2018年度早稲田大学基幹理工学部・創造理工学部・先進理工学部英語解答速報・講評

【解答例】

1 b 2 a 3 a 4 c 5 b 6 d 7 a 8 d 9 b 10 c
11 d 12 c 13 a 14 b 15 d


1 c 2 a 3 b 4 d 5 c


1 a 2 b 3 d 4 c 5 a 6 d 7 c 8 b


1 d 2 b 3 d 4 b 5 c 6 a 7 c 8 b 9 a 10 d


1 d 2 a 3 d 4 b 5 a 6 b 7 c 8 a 9 c 10 b
11 c 12 d 13 b 14 c 15 a

【講評】(難易度は、平年の早稲田理工対比)
Ⅰはやや易の長文読解問題。

Ⅱは標準的な語句整序問題。

Ⅲは標準的な空欄穴埋めと整序問題。
7, 8のどちらを先に解くかは臨機応変に決めたい。7が先に解ければそれが8のヒントとなり、8が先に解ければそれが7のヒントとなる。今年は8から解いた方が解きやすいのではないか。

Ⅳはやや易の長文読解。
理工学部の受験生であれば、Aに関する知識があった人もいるだろう。前提知識があれば、英文は全く読まずに解ける。
Bについては、基本的に見掛け倒し。

Ⅴは標準的な語彙問題。
早稲田理工特有の問題なので、過去問での対策が必須。クイズ的な要素もあるので、知っているのに正解が浮かばない可能性もある。あまり時間をかけ過ぎないようにしたい。選択肢の文字数をヒントにするといい。6は思いつきにくいかもしれない。


ブログランキングに参加しています。
記事が参考になりましたら応援クリックお願いします!
↓ ↓ ↓
にほんブログ村 英語ブログ 英語学習情報へ 


カテゴリー: 名古屋英語特訓道場の大学受験英語コラム パーマリンク