2016年度早稲田大学人間科学部英語解答例・講評


【解答例】
[Ⅰ]
1 B 2 A 3 A 4 A
5 D 6 A 7 D
8 D 9 C 10 D
11 D 12 D 13 C
14 A 15 A 16 C
17 D 18 D 19 C
20 B 21 D 22 D
23 A 24 B 25 A

[Ⅱ]
26 C 27 H 28 K 29 C 30 L 31 J 32 A
33 I 34 K 35 G 36 F 37 F 38 I 39 E 40 D

[Ⅲ]
41 D 42 C 43 D 44 B 45 B 46 B 47 D 48 E 49 E 50 B

【講評】(難易度は平年の早稲田人間科学対比)
Ⅰは標準的な長文読解問題。今年度は、”Not enough information given” “None of the above” の選択肢がない分解きやすい。

Ⅱは標準的な文法語法問題。ここは、毎年、大学入試レベルとしては不適切な問題が含まれる。26, 27, 28, 31, 37 は大学入試問題として適切か疑問。これらの問題は、解けるかどうかを試しているというよりは、まったくわからない問題があっても動揺せずにテストに取り組めるかを試しているものと思われる。解けるところだけを確実に解くこと。

Ⅲは標準的な文法語法問題。

Ⅱの不適切な問題に惑わされず、解けるところを解きたい。

カテゴリー: 大学受験英語コラム パーマリンク