2014年度早稲田大学法学部英語解答例・講評


【解答例】

(1) 1 G 2 K 3 I 4 C 5 H 6 J 7 F
(2) 1 E 2 D 3 E
(3) 1 B 2 D 3 B
(4) 1 B 2 D 3 E


(1) 1 C 2 E 3 C 4 D 5 D
(2) 1 A 2 A 3 A
(3) D
(4) 1 E 2 B 3 E


(1) D (2) E (3) C


(1) E (2) A (3) C


(1) E (2) D (3) H (4) B (5) G (6) F


(1)
I stayed up all night working on my paper
(2)
If I had begun writing it earlier
(3)
let me have a cup of coffee


According to the chart, the gender gap in median earnings of full-time employees in Japan is the second largest among OECD countries and much larger than that of OECD average. This is probably because many Japanese companies don’t treat men and women equally. It’s true that some women quit their jobs when they get married, but this doesn’t justify the unfair treatment to female workers. We may need a stricter law to make a fair working environment for women.

【講評】(難易度は平年の早稲田法対比)
Ⅰはやや難の長文読解問題。(3) 1, 3 は難。

Ⅱは標準的な長文読解問題。

Ⅲは標準的な文法の正誤問題。

Ⅳは標準的な文法問題。

Ⅴはやや難のイディオム問題。

Ⅵはやや易の和文英訳。

Ⅶは標準的な自由英作文。

長文は平年並み。文法も平年並みだが、平均的な大学入試よりは大分難しい。正確な文法の知識が求められる。Ⅴのイディオム問題は難しい。知らないイディオムは、副詞や前置詞のイメージから想像するしかない。Ⅶの自由英作文は差が付きやすいと思われる。自由英作文は、何度も書いて、いい先生を見付けて、添削をお願いしよう。名古屋英語特訓道場の家庭教師は、早稲田レベルの自由英作文も添削します!


ブログランキングに参加しています。
記事が参考になりましたら応援クリックお願いします!
↓ ↓ ↓
にほんブログ村 英語ブログ 英語学習情報へ 


カテゴリー: 大学受験英語コラム パーマリンク