TOEIC®TEST で疲労困憊になる人は、鶏胸肉を食べろ!


TOEIC®TEST では、2時間集中力が持つかというのも大事な要素です。

疲れると、解くペースが遅くなり、うっかりも増えます。

ネイティブでも TOEIC®TEST で満点が取れない人がいますが、ネイティブが解けないような難問が出題されているわけではなく、2時間集中力が持たないのが原因です。

体そして脳の疲れにいいのがイミダペプチドです。手頃なところだと、鶏胸肉に入っています。

鳥が長時間飛んでも疲れない鍵がこのイミダペプチドです。イミダペプチドがなければ、鳥類はここまで繁栄しなかったかもしれません。

鶏胸肉を摂取すれば、体そして脳の疲労予防・疲労回復が期待できます。即効性があるわけはないので、TOEIC®TEST の試験直前に食べても効果は期待できませんが、日常的に摂取すれば、疲れにくい体と頭になると思います。

ちなみに、将棋の元名人の丸山九段は、昼ごはんに、から揚げ定食2つと単品のから揚げ1つを注文したことがあります。

個人的には、1回100g程度を、週に10回程度食べています。

この記事を読んだ人が名古屋の鶏胸肉を買い占めないことを祈ります(笑)。


ランキングに参加しています。ページが参考になりましたら、バナーのクリックをお願いします。
 ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 英語ブログ TOEICへ 


カテゴリー: 名古屋英語特訓道場のTOEIC®テストコラム パーマリンク