2019年度名古屋大学英語解答速報・講評

【解答例】

1 ① A ② B
2
約250の手話を習得し、さらに、自分の息子に手話を教えた。(29字)
3
1000を超えるゴリラの手話を理解した。(20字)
4
手話を全く習得しておらず、訓練者の真似をしていたと結論付けた。(31字)
5
言語理解テストでは、3歳半の人間と同等の能力を示し、板上の約90の記号を理解できた。自然環境下で使える記号の数は250であった。660の口頭での指示の4分の3にも正しく反応した。(89字)
6 E
7 C


1
脳死判定を受けた女性は生きており、機械による生命維持を続ける権利があるとする家族側の主張。(45字)
2
このような決定の中心にあるのは、たとえ人々が異なるやり方で生を理解する選択をしていたとしても、死亡確定は社会のすべての人々にとって同じやり方で行われなければならないという原則だ。
3 (ニ)
4
目的・終わりのない生化学反応につながる、脳以外の重要な臓器の機能の補助や代替はしないほうが良い。(48字)
5
私達が集団的に定義する死とは、すべての脳機能の不可逆的な喪失によりその人が永久に失われることであり、この判断は科学において十分確立されている。
6
死後に臓器提供した人の遺産や組織は、新たな体の中で生き続けること。(33字)
7
that allows families to turn their focus to grieving
8 ア (D) イ (A) ウ (E) エ (B) オ (F) カ (C)
9 (あ)(D) (い)(F) (う)(G) (え)(J) (お)(C)


1 B, D
2 ア C イ D ウ A
3 か D き A く B け C
4 (1) A (2) A (3) D (4) A
5
most people think students should go to university right after graduating from high school (14 words)


I would choose Sri Lanka. First, the increase rate of the number of international students from Sri Lanka is higher than that from any other country listed in the table. This means more and more Sri Lankan students want to study in Japan. Hence, there is a potential in which the number of Sri Lankan international students will increase dramatically through effective advertisements. Second, most of the Sri Lankan people are Buddhists. Therefore, advertising Buddhism courses in Japanese universities is also a good idea to attract Sri Lankan Buddhist students. (90 words)

【講評】(難易度は平年の名大対比)
昨年同様、自由英作文が出題された。

Ⅰは標準的な長文読解問題。
5 は制限字数が厳しい。

Ⅱは標準的な長文読解問題。
3 は1番目から順番に決めていくのは難しい。D, F の these が差すものが直前にある選択肢がどれかを考えながら解くと、速く解ける。

Ⅲは標準的な長文読解問題と自由英作文。

Ⅳは標準的な自由英作文。


ブログランキングに参加しています。
記事が参考になりましたら応援クリックお願いします!
↓ ↓ ↓
にほんブログ村 英語ブログ 英語学習情報へ 


カテゴリー: 名古屋英語特訓道場の大学受験英語コラム パーマリンク