2017年度東京慈恵会医科大学医学部医学科英語解答速報・講評

【解答例】

(A) away (ahead) (B) janitor (C) knelt (D) hold (E) flew (F) ends


(1) (B) (2) (D) (3) (C) (4) (D) (5) (B)


(1) (C) (2) (B) (3) (D) (4) (A) (5) (C) (6) (D)


問1 (1) our world (2) countless thousands of novel substances
問2 D
問3 3


問1 (a) 4 (b) 1 (c) 3 (d) 2
問2 (1) 1 (2) 3
問3
女性をきちんと扱い、就職の機会を与えれば、出生率が低下すること。
問4 3
問5
アメリカのAIDS患者の数が1995年までに27万人に増えるという予測は、あまりよい予測ではなかっただろう。あいにく、その予測数は低すぎたのだ。


The reason why talks about family members are boring is that they are boasts or complaints and aren’t productive.

【講評】(難易度は平年の東京慈恵会医科大学対比)
Ⅰは難の語彙・語法問題。全問できなくても大きな影響はないだろう。

Ⅱはやや難の文法・語法問題。(5) はやや難。

Ⅲは標準的な文法問題。(3) はやや難。

Ⅳは標準的な長文読解問題。

Ⅴは標準的な長文読解問題。

Ⅵは標準的な和文英訳問題。


ブログランキングに参加しています。
記事が参考になりましたら応援クリックお願いします!
↓ ↓ ↓
にほんブログ村 英語ブログ 英語学習情報へ 


カテゴリー: 名古屋英語特訓道場の大学受験英語コラム パーマリンク