2013年度大阪大学(前期)英語(外国部学部以外)解答例・講評


【解答例】

(A) 知能がどんなものから構成されていようと ― 1世紀にわたる知能テストの後今なお合意は得られていないが ― 知能は創造力とは同じではないようだ。知能スキルと芸術的創造力が互いに排他的であるのは確かだが、また、両者は必ずしも相互に付随するものでもない。

(B) 17世紀に入っても多くの哲学者が実験で自らの手を汚すことなく抽象的に物質世界の本質を推測しようとしていたが、その程度を理解することは困難だ。その古典的な例は、同じ高さから落とされた異なる錘が同時に着地するかどうかに関する議論だ。


設問(1) (A) (イ) (B) (ニ) (C) (イ) (D) (ハ)
設問(2) ⅰ(ロ)ⅱ(イ)ⅲ(イ)ⅳ(ニ)
設問(3) 我慢できずに誘惑に負けてお菓子を食べてしまったこと。
設問(4) この子供たちはお菓子について考えないようにする方法を発見し、視線をおいしそうなマシュマロから逸らした。
設問(5) (ニ)
設問(6) (ロ)
設問(7) 結局のところ、私達は情報の時代に生きており、この時代においては、大切な情報に焦点をあてる能力は非常に重要である。


If I had a time machine, I would like to use it to go to ancient Egypt. I am very interested in ancient Egypt, especially in huge pyramids, but today no one knows exactly how and why they were built. So, I would like to reveal this big historical secret by using a time machine. If I could succeed, the study of ancient Egypt would advance greatly. (67語)


(A) Written messages are only objects and we feel they don’t convey exactly what we think. We often regret that we didn’t revise messages. This means written messages have risks.

(B)
(イ)(文学部の志願者)
Humans have to live with their own past. You are based on what you did in the past and therefore you can’t talk about yourselves without paying attention to your own past. If you can’t affirm what you are, probably you always regret what happened in the past. On the other hand, if you can affirm what you are, you probably accept your past.

(ロ)(文学部以外の志願者)
If students haven’t learned how to analyze problems and discuss them, it is no use criticizing them for their inability to analyze problems and express their own opinions. It is like scolding students who haven’t learned how to swim for not swimming well.

【講評】
Ⅰは標準的。(A)は下線部にダッシュがあるので、訳にダッシュを入れてもよい。(B)は直訳するときれいな日本語にならないので工夫が必要。

Ⅱも標準的。設問(2)の下線部に難しい単語が含まれるが、その単語の意味を知らなくても文脈から推測できれば十分。

Ⅲは書きやすい。アイディアコンテストではないので、平凡な文でもよいので、間違いのない文を書くよう心がけよう。「タイムマシンがあれば」のところは仮定法で書く。

Ⅳ日本語から逐語訳をするのは難しい。その日本語がどういうことを言おうとしているのかを英訳する前に考えた方がよい。難易度は標準的。

英作文は独学での対策が難しい。いい先生を見つけて添削をお願いしよう。名古屋英語特訓道場の家庭教師は阪大レベルの問題も添削します!


ブログランキングに参加しています。
記事が参考になりましたら応援クリックお願いします!
↓ ↓ ↓
にほんブログ村 英語ブログ 英語学習情報へ 


カテゴリー: 名古屋英語特訓道場の大学受験英語コラム パーマリンク