2014年度早稲田大学文学部英語解答例・講評


【解答例】

(A) 1 (a) 2 (d) 3 (b) 4 (d) 5 (b) 6 (c) 7 (a)
(B) 8 (b) 9 (b) 10 (a) 11 (b) 12 (a) 13 (d) 14 (c)


(A) 15 (c) 16 (d)
(B) 17 (d) 18 (a) 19 (c)
(C) 20 (c) 21 (c) 22 (b) 23 (d) 24 (c)


25 (f) 26 (h) 27 (g) 28 (c) 29 (d) 30 (e) 31 (a)


32 (a) 33 (k) 34 (g) 35 (m) 36 (d) 37 (c) 38 (i)


Paper books will completely be replaced by e-books, which are developed to have not only the brand-new characteristics but the same characteristics as paper books because many people still like paper books.

【講評】(難易度は平年の早稲田文対比)
Ⅰは標準的な長文読解問題。10はやや難。

Ⅱは標準的な長文読解問題。

Ⅲは標準的な長文の空所補充。

Ⅳは標準的な会話文の空所補充。難しめの表現を選ばせるものもあるが、消去法でも正解に近付く。

Ⅴは標準的な長文の要約問題。英文1文で要約させる早稲田独特の形式。

やや難しめの語彙が要求されることがあるので、高めの語彙を身に着けるように心がけよう。Ⅴは英文1文で書くようにという指示があるので、不自然に長い英文を書くことにになる。このような不自然に長い英文を書く機会は多くないと思われるので、早稲田向けに対策が必要。何度も書いて、早稲田の問題の指示を理解している先生を見付けて添削をお願いしよう。名古屋英語特訓道場の家庭教師は早稲田レベルの英作文も添削します!

カテゴリー: 大学受験英語コラム パーマリンク