2016年度立命館大学全学統一方式英語解答速報・講評


【解答例】

[1] (A) 3 (B) 4 (C) 4 (D) 1
[2] (1) 2 (2) 3 (3) 1 (4) 3 (5) 2
[3] 4


[1] (A) 2 (B) 1 (C) 3 (D) 2 (E) 5 (F) 2 (G) 3 (H) 2
[2] あ 3 い 3 う 4 え 2 お 1


[1] あ 6 い 1 う 7 え 4
[2] か 7 き 8 く 1 け 5


(A) 2 (B) 2 (C) 1 (D) 3 (E) 4 (F) 3 (G) 3 (H) 4


[1] (A) 4 (B) 4 (C) 1 (D) 3 (E) 3
[2] (A) 3 (B) 2 (C) 3 (D) 2 (E) 1

【講評】(難易度は平年の立命館対比)
Ⅰは標準的な長文読解問題。
[2] の「本文の内容と一致しないもの」と「本文の内容からだけではどちらとも判断しかねるもの」の判断に時間を取られる。1, 2 問間違うのはやむを得ない。戦略として Ⅰを最後に解くのがいいだろう。

Ⅱは標準的な長文読解問題。

Ⅲはやや易の会話文の空所補充。

Ⅳは標準的な文法問題。

Ⅴは標準的な語彙問題。


ブログランキングに参加しています。
記事が参考になりましたら応援クリックお願いします!
↓ ↓ ↓
にほんブログ村 英語ブログ 英語学習情報へ 


カテゴリー: 名古屋英語特訓道場の大学受験英語コラム パーマリンク