2014年度慶應義塾大学理工学部英語解答例・講評


【解答例】
1.
(1) 2 (2) 4 (3) 3 (4) 1 (5) 3
(6) 4 (7) 4 (8) 3 (9) 4 (10) 2
(11) 4 (12) 3 (13) 2 (14) 2 (15) 4
(16) 3 (17) 3 (18) 3 (19) 3

2.
(20) 4 (21) 2 (22) 3 (23) 1 (24) 1
(25) 2 (26) 3 (27) 1 (28) 4 (29) 4
(30) 4 (31) 3 (32) 2 (33) 5 (34) 7
(35) 8

3.
(36) 3 (37) 2 (38) 4 (39) 1 (40) 2
(41) 2 (42) 1 (43) 3 (44) 4 (45) 3

4.
(46) 5 (47) 4 (48) 8 (49) 1

5.
(1) exposure (2) explosive (3) isolation
(4) identify (5) genetically

6.
① proposed ② means (method) ③ initial
④ available ⑤ properties ⑥ Although
⑦ challenges ⑧ lightning

【講評】
1. 理工学部の受験生にとってはやや読みにくい長文であったと思われる。英語が苦手な受験生にとっては、やや辛い内容であったかもしれない。基本的に、長文は後回しにしよう。[1] でやや難しい表現があるが、その表現を知らない場合は、前後の文脈から検討をつけるようにしよう。

2. この長文は比較的読みやすいと思われる。X の整序問題が手間取るがそれ以外は平易。ケアレスミスをしないようにしたい。

3. (5) が難しいが、消去法で何とかたどりつけるか。それ以外は平易。

4. 単語のレベルもそれほど高くなく、落としたくないところ。

5. スペルさえ間違えなければ易しい。

6. この形式の問題は、答を言われればわかるが、試験中にひらめかないということが起こるかもしれない。

3.~6.を確実に解き、1. と2. で何とか食い下がりたい。


ブログランキングに参加しています。
記事が参考になりましたら応援クリックお願いします!
↓ ↓ ↓
にほんブログ村 英語ブログ 英語学習情報へ 


カテゴリー: 大学受験英語コラム パーマリンク