2012年度慶應義塾大学理工学部英語解答例・講評


【解答例】
1.
[1] (1) 3 (2) 2 (3) 2 (4) 4 (5) 3 (6) 3
[2] ① 3 ② 4
[3] 1
[4] 2
[5] 2, 4, 5, 8

2.
[1] ① 1 ② 1 ③ 2 ④ 2
[2] (a) 4 (b) 3 (c) 1 (d) 2
[3] 4
[4] 3
[5] 6, 1
[6] (1) 2 (2) 2 (3) 1 (4) 3 (5) 1 (6) 3 (7) 2

3.
[1] (ア)1 (イ)4 (ウ)1 (エ)2 (オ)4 (カ)4 (キ)1 (ク)1
[2] (1) 3 (2) 1

4.
(1) 4 (2) 5 (3) 1 (4) 9 (5) 3 (6) 6 (7) 2

5.
(1) submissive (2) significance (3) appreciate (4) financial
(5) indignantly

6.
① needs ② scale ③ disaster ④ take ⑤ advancing ⑥ analysis
⑦ improve ⑧ unexpected

【講評】
1は理工学部志望の学生にとっては読みやすい内容であったと思われる。[1](5), (6) は選択肢の単語は平易だが、正解を選ぶのは難しいと思われる。[4] の段落分けは、パラグラフの頭にButが使われているところで切れる可能性が非常に高い。ここで切れている選択肢が1つしかないので、この時点でほぼ正解が決まる。評論文でパラグラフの頭にButが使われると、そのパラグラフは前のパラグラフの全否定になり、内容はそこで切れる。

2は1とは違い、理工学部志望の学生には読みにくいと思われる。[1] は特に難度が高い。[6] は時間を取られるので、時間配分に注意。

3, 4はそれほど難度は高くないので、点を稼ぎたい。

5は(1), (5)が難度が高い。

6は速く解きたいが、⑧がやや難しい。


ブログランキングに参加しています。
記事が参考になりましたら応援クリックお願いします!
↓ ↓ ↓
にほんブログ村 英語ブログ 英語学習情報へ 


カテゴリー: 名古屋英語特訓道場の大学受験英語コラム パーマリンク