2018年度関西学院大学全学日程(2月1日)英語解答速報・講評


【解答例】
[Ⅰ]
A (1) b (2) c (3) d (4) d (5) b (6) a (7) b
B (ア)b (イ)c (ウ)d (エ)b (オ)b
C b, f

[Ⅱ]
A (ア)c (イ)a (ウ)b (エ)d (オ)b
B (1) b (2) d
C (1) c (2) b (3) d

[Ⅲ]
A (1) a (2) d (3) c (4) c (5) b (6) a (7) a
B b, f

[Ⅳ]
(1) a (2) d (3) d (4) b (5) a (6) a (7) d (8) d (9) a (10) d

[Ⅴ]
(1) g, e (2) c, a (3) f, b (4) c, h (5) h, f

[Ⅵ]
(1) c (2) b (3) c (4) d (5) b (6) d (7) b (8) b (9) c (10) c

【講評】(難易度は平年の関学対比)
[Ⅰ], [Ⅳ]がやや難しく、その分やや難化したと言える。

[Ⅰ] はやや難の長文読解問題。

[Ⅱ] は標準的な長文読解問題。
C(2) はやや難。b の well は「エレベーターの縦穴」のこと。ただし、この単語がわからなかったとしても、bottom に対応する表現が本文中にないことから、b が本文中で言及されていないと推測できる。

[Ⅲ] は標準的な長文読解問題。

[Ⅳ] はやや難の文法・語法問題。
(7) は sell に自動詞の用法があることがポイント。sell は自動詞で「(物が)売れる」という意味がある。

[Ⅴ] は標準的な語句整序問題。

[Ⅵ] は標準的な会話文読解問題。
(10) はやや難。except に接続詞の使い方があることを知っているかどうかがポイントだが、他の選択肢が合わないので、消去法で解答できるかもしれない。


ブログランキングに参加しています。
記事が参考になりましたら応援クリックお願いします!
↓ ↓ ↓
にほんブログ村 英語ブログ 英語学習情報へ 


カテゴリー: 名古屋英語特訓道場の大学受験英語コラム パーマリンク