2013年度早稲田大学文化構想学部英語解答例・講評


【解答例】

(A) 1 (c) 2 (d) 3 (d) 4(b) 5(a) 6 (a) 7 (a)
(B) 8 (c) 9 (c) 10 (b) 11 (c) 12 (b) 13 (b) 14 (a)


(A) 15 (d) 16 (b)
(B) 17 (a) 18 (b) 19 (b)
(C) 20 (a) 21 (a) 22 (d) 23 (c) 24 (b)


25 (e) 26 (d) 27 (f) 28 (b) 29 (h) 30 (a) 31 (c)


32 (a) 33 (b) 34 (j) 35 (k) 36 (d) 37 (f) 38 (h)


The Internet started as a computer network in the US; although it was designed for all the people’s benefit, many governments control the access to the information on the websites.

【講評】
Ⅰは本文の意味はわかりやすいが、選択肢の中に難しい単語がある。消去法をうまく利用し、どうしてもわからなければ諦めるのも肝心。

Ⅱ, Ⅲ, Ⅳは解きやすい。ここで点を稼ごう。

Ⅴは、インターネットの話なのだが、本文中に、Internet という単語は出てこない。インターネットに馴染みがない受験生は、話題を把握するのに戸惑ったかもしれない。また、早稲田独特の1文での要約なので、接続詞や関係詞が正しく使えるかが問われる。セミコロンやコロンも便利なので、正しく使えるようにしておこう。

英語での要約は独学での対策が難しい。いい先生を見つけて添削をお願いしよう。名古屋英語特訓道場の家庭教師は早稲田レベルの問題も添削します!


ブログランキングに参加しています。
記事が参考になりましたら応援クリックお願いします!
↓ ↓ ↓
にほんブログ村 英語ブログ 英語学習情報へ 


カテゴリー: 大学受験英語コラム パーマリンク