2013年度早稲田大学文学部英語解答例・講評


【解答例】

(A) 1 (a) 2 (c) 3 (d) 4 (a) 5 (d) 6 (d) 7 (c)
(B) 8 (d) 9 (d) 10 (b) 11 (d) 12 (a) 13 (b) 14 (c)


(A) 15 (a) 16 (b)
(B) 17 (c) 18 (b) 19 (d)
(C) 20 (a) 21 (b) 22 (a) 23 (d) 24 (a)


25 (f) 26 (b) 27 (g) 28 (h) 29 (d) 30 (e) 31 (a)


32 (e) 33 (f) 34 (c) 35 (l) 36 (i) 37 (m) 38 (g)


Today, more people live in cities than in rural areas because it’s easy to get a job and find useful facilities in cities; as young people leave rural areas, rural communities are becoming smaller and less sustainable.

【講評】
ⅠからⅣまでは、極端に易しい問題も難しい問題もない。よって、どれだけ英語に取り組んできたかで、点数が開くと思われる。

Ⅴは早稲田文学部の典型問題。一文で書くようにという指示が曲者。ある程度まとまった内容を書く必要があるが、一文で書くとなると、接続詞や関係詞を上手に使いこなさなければならない。独学では勉強しにくいので、学校の先生や家庭教師の先生などに添削してもらおう。
名古屋英語特訓道場の家庭教師は、早稲田レベルの問題も添削します!


ブログランキングに参加しています。
記事が参考になりましたら応援クリックお願いします!
↓ ↓ ↓
にほんブログ村 英語ブログ 英語学習情報へ 


カテゴリー: 名古屋英語特訓道場の大学受験英語コラム パーマリンク