2019年度東京工業大学(前期)英語解答速報・講評

【解答例】

Ⅰ-1
ほとんどの状況で、鼠を単にそのままにしておく方が、私たち全員にとってよりよいだろう。

Ⅰ-2
生態系が乱されても、新たな環境に入り込み、適応すること。(28字)

Ⅰ-3
病気の危険性は、どのネズミの家族と接触するかという点に比べ、どれだけ多くのネズミにさらされるかという点は、あまり関係がない。

Ⅰ-4
She thinks that this is exactly the reason why mites were prevented from spreading throughout V6A.

Ⅰ-5
(a) A (b) C (c) D

Ⅰ-6
(1) A (2) B (3) D

Ⅰ-7
1, 7, 8


Ⅱ-1
Krasnow と Mehr の新理論は、どのようにして子守歌が生まれたかに関するその分野での一般的合意を肉付けするものだ。

Ⅱ-2
人間は、直立歩行するために骨盤が狭くなり、新生児は小さく未熟な状態で生まれるようになったから。(47字)

Ⅱ-3
There comes a time when a baby is too big to carry all the time but still needs care.

Ⅱ-4
Trehub は、幼児をなだめる必要性のために、発声が子守歌に進化したという考えに疑念を抱いている。

Ⅱ-5
① A ② B

Ⅱ-6
(1) E (2) B

Ⅱ-7
3, 6

【講評】(難易度は平年の東工大対比)
Ⅰは標準的な長文読解問題。

Ⅱはやや難の長文読解問題。


ブログランキングに参加しています。
記事が参考になりましたら応援クリックお願いします!
↓ ↓ ↓
にほんブログ村 英語ブログ 英語学習情報へ 


カテゴリー: 名古屋英語特訓道場の大学受験英語コラム パーマリンク