第246回TOEIC®公開テスト(12月15日)難易度・感想@大阪

今日12月15日は、大阪府吹田市にある大和大学で第246回 TOEIC® 公開テストを受験してきました。

大阪引っ越し後、初めての受験です。申し込みをした時の住所が名古屋だったせいか、かなり遠い場所にある会場にあたりました。

大阪府内の問題が全員同じがどうか不明なので、今回からどのフォームだったかも書くことします。
「黒縁眼鏡、黒のシャツ、黒のジーンズに身を包んだ20代の色白、やせ型、面長の男がデスクトップで論文を書いていた」フォームです。

さて、今回の試験の難易度は以下のように感じました。
(過去1年間のTOEIC®公開テスト対比)
Part1: 易
Part2: やや易
Part3: 普通
Part4: 普通
Part5: 難
Part6: やや易
Part7: 易

Part1は、易でした。
ただ、現在完了形の受動態と現在進行形の受動態が区別できないとひっかかったかもしれません。

Part2は、やや易でした。
比較的素直な問題が多かったです。

Part3は、普通でした。
ただ、選択肢にやや難しめの単語がありました。

Part4は、普通でした。
素直な問題が多かったと思います。

Part5は、難でした。
ずば抜けて難しかったわけではないですが、今年一番難しかったです。

Part6は、やや易でした。
易しかったです。

Part7は、易でした。
この1年の中でダントツに易しかったです。


ランキングに参加しています。ページが参考になりましたら、バナーのクリックをお願いします。
 ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 英語ブログ TOEICへ 


カテゴリー: 大阪英語特訓道場のTOEIC®テストブログ パーマリンク