【3月16日】第188回TOEIC®公開テスト難易度・感想


今日3月16日は、名古屋で第188回TOEIC®公開テストを受験してきました。
問題は、4KIC8(マイナーフォーム、解答用紙A面が黄緑色の問題)でした。

今回の試験の難易度は以下のように感じました。
(この1年間との比較)

Part1: やや難
Part2: やや難
Part3: やや難
Part4: やや難
Part5: 普通
Part6: 普通
Part7: やや易

リスニングが重めでした。

Part1では、ところどころ難しい単語がありました。また、昔は出なかったけれど、最近出るようなったと感じる表現が今回も出ていました。市販の本を勉強してもその表現がなかなか載っていないと思うので、その表現が何かわからない方はちょっと苦戦するかもしれません。(とは言え、他の3つの選択肢の正誤がきちんと判断できれば大丈夫です。)

Part2は早口のオーストラリア人の頻度が多かった気がします(前回も多かった気がします)。また、イギリス人特有の発音がところどころ見られました。その単語のアメリカ発音しか知らないと苦戦するかもしれません。Part2の難易度は、この1年との比較でやや難にしましたが、2年ほど前に比べると難だと思います。

Part3, 4は状況がぱっと掴みにくい問題がちらほらあった気がします。

リーディングは特に難しくはなく、特にPart7 は解きやすかったと思います。

ちなみに、TOEIC®TEST予想問題からは9問ほど的中していたと思います。

今日できた方もできなかった方もぜひぜひ英語の勉強を継続してくださいね!

※6月22日~9月30日は海外で集中指導を行っていますので、日本では指導できません。受講をご検討中の方は、早めのお申し込みがおすすめです。


ランキングに参加しています。ページが参考になりましたら、バナーのクリックをお願いします。
 ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 英語ブログ TOEICへ 


カテゴリー: TOEIC®テストコラム パーマリンク