2016年度慶應義塾大学医学部英語解答速報・講評


[Ⅰ]
問1
(1) successful (2) powered (3) elected (4) predictable (5) taking
(6) existing (7) intervention (8) being (9) needed (10) estimated
問2
(ア)3 (イ)2 (ウ)4 (エ)3 (オ)2 (カ)2 (キ)1 (ク)1 (ケ)3 (コ)4
問3 気候変動は国境を越えて影響を及ぼすこと。(21字)
問4 危機や人類の困難によって拍車がかかる低炭素経済への移行。(28字)
問5
自動車業界は、運転手に化石燃料への依存をやめさせるための実証された手頃な価格の解決策をすでに持っている。

[Ⅱ]
問1
(A) 4 (B) 2 (c) 3 (D) 1 (E) 3 (F) 4 (G) 1 (H) 2 (I) 3 (J) 2
問2
スマートフォンやソーシャルメディアが私たちの時間を奪い、集中力の持続時間を短くし始める前のかつての時代の集中して行う読書習慣への回帰をスロー・リーディングの支持者は求めている。
問3
(2) I found that I wan’t reading as many books as before.
(3) I felt sad I had lost what was very enjoyable in my life.
問4
ますます速くなる生活のペースを相殺する、料理や手編みのようなその他の古風で時間を食う習慣の復活と、その運動は共鳴する。
問5
100人が関わった2007年の研究でも、言葉、音、動画を合わせたマルチメディア形式のプレゼンテーションを見た場合、文字だけの文章を見た場合に比べて、理解度が低くなることがわかった。
問6 (C)
問7 (C)

[Ⅲ]
1
[1] exact [2] tiny [3] narrow [4] developing [5] following
[6] wealth [7] subjectively [8] junior [9] dismissing [10] raise
2
(A) 5 (B) 3 (C) 10 (D) 7 (E) 5 (F) 1
3
(a)
They have goods such as cars and cotton shirts which poor people in the past never dreamed of owning.
(b)
They compared themselves with the people living in their homeland rather than with the subjects of British colonies.
4 (1) B (2) A (3) C (4) B (5) A (6) A

[Ⅳ]
If I could design a robot, I would make it capable of curing injured or sick people. This robot wouldn’t be for me but for the people who are suffering in the battle zones. Now is the 21st century but many people still live in or near battle fields. They are powerless and probably need medical treatment. However, it is difficult for human doctors to go there and cure the people. If robot doctors could go there, the doctors could save a lot of people. I believe that robot doctors would be a hope for the people in battle fields.(100語)

【講評】(難易度は平年の慶應医学部対比)
[Ⅰ] は標準的な長文読解問題。

[Ⅱ] は標準的な長文読解問題。

[Ⅲ] は標準的な長文読解問題。

[Ⅳ] は標準的な自由英作文。

自由英作文以外はある程度自分でも対策可能だろう。自由英作文については、いい先生を見つけて添削をお願いしよう。※名古屋英語特訓道場の家庭教師は、慶応医学部レベルの自由英作文の添削指導も行っています。


ブログランキングに参加しています。
記事が参考になりましたら応援クリックお願いします!
↓ ↓ ↓
にほんブログ村 英語ブログ 英語学習情報へ 


カテゴリー: 大学受験英語コラム パーマリンク