2015年度大阪大学(前期)英語(外国部学部以外)解答速報・講評


【解答例】

(A)
今日、ヨーロッパ人1人が2日半ごとに、あるいは、アメリカ人1人が28時間ごとにたやすく排出している二酸化炭素と同じ量を、タンザニア人1人はほぼ1年かかって排出する。要するに、私達が今のような生活を送れるのは、地球に暮らす他のほとんどの人の数百倍の速度で私達が資源を使用しているためなのだ。

(B)
身体的レベルでは、ユーモアは刺激に対する無意識の反応、すなわち、笑いにすぎない。私達は礼儀正しくしなければならないと感じる社会的状況においてはこれを真似することができるが、真の笑いは自然に起こるものだ。笑いは、私達の制御できる範囲を超えている。


設問(1)
(A) (ニ) (B) (イ) (C) (ハ) (D) (ロ)
設問(2)
(ⅰ) (ロ) (ⅱ) (ロ) (ⅲ) (イ) (ⅳ)(イ)(ⅴ) (ニ)
設問(3)
癌を患った妹ともっと一緒にいてやればよかったと後悔する状態から、闘病する妹の姿が、自分が他者を助けることに献身するよう駆り立てたことを理解できる状態に変化した。(80字)
設問(4) (b) (ハ) (d) (ハ)
設問(5) his life
設問(6) (ハ)、(ホ)


I think that the labor shortage will be a serious problem in Japan in the near future. Recently, the birth rate has been declining and will continue to decline in the future. This means that the number of young people will decrease and our society will face labor shortage. To address this problem, Japan should accept more refugees as workforce. This is also meaningful from the humanitarian viewpoint.(68語)


(A)
When an ant is crawling in front of you, you may crush them for no special reasons. However, you feel reluctant to kill them once you understand that ants have the history of billions of years and the ants are based on such a long history.

(B)
(イ)
Artworks have creators and receivers. Why do we create artworks? Why do we seek and receive artworks? Artworks definitely have something beyond our understanding. This is true not only for creators but for receivers. Creators make something they themselves can’t understand. However, the part that creators can’t understand is not an unnecessary thing but something in which we find the power and soul of art.

(ロ)
But instead of stopping there, we should move a step further and consider what “past events” really are. Then we will find it difficult to decide what they really are.

【講評】(難易度は阪大平年対比)
Ⅰの英文和訳は標準的。

Ⅱの長文読解は標準的。設問(1)(A)、設問(2)(ⅳ)、設問(4)(b)はやや難。

Ⅲの自由英作文は自由度が大きく書きやすい。

Ⅳの和文英訳はやや難。(B)(イ)が特に書きにくい。日本語をそのまま英語に置き換えようとしても難しい。元の日本語がどういう内容を言っているのかよく理解し、その内容をどう表現したらいいかをしっかり考えよう。


ブログランキングに参加しています。
記事が参考になりましたら応援クリックお願いします!
↓ ↓ ↓
にほんブログ村 英語ブログ 英語学習情報へ 


カテゴリー: 大学受験英語コラム パーマリンク