2015年度センター試験英語(筆記)解答例・講評速報


【解答例】
第1問
A (1) 2 (2) 1 (3) 1
B (1) 2 (2) 4 (3) 4 (4) 3

第2問
A (1) 1 (2) 3 (3) 3 (4) 2 (5) 1 (6) 3 (7) 1 (8) 4 (9) 2 (10) 4
B (1) 5, 6 (2) 5, 1 (3) 4, 5
C (1) 7 (2) 6 (3) 1

第3問
A (1) 4 (2) 2
B (1) 2 (2) 4 (3) 1
C 2, 2, 1

第4問
A (1) 4 (2) 1 (3) 2 (4) 2
B (1) 2 (2) 3 (3) 1

第5問
(1) 3 (2) 3 (3) 4 (4) 4 (5) 4

第6問
A (1) 4 (2) 2 (3) 2 (4) 2 (5) 1
B 3, 1, 2, 4

【講評】
全体を通しての難易度は標準的。

第1問はやや易。

第2問はA問7がセンター試験としては難しめ。Bには昨年までCであった語句整序が来た。難易度は標準。Cは新形式の会話応答問題。問題の意図さえつかめれば、難易度は標準的。

第3問Aには昨年までの第2問Bが移動。第3問は全体を通して標準的な難易度。

第4問A問4は昨年と同様の質問。あまり目にすることのない質問なので、質問の意図を勘違いしないよう注意。B問2は足し算や引き算をする必要がないので、例年よりうっかりミスはしにくいと思われる。第4問全体の難易度は標準的。

第5問は絵を選ばせる問題がなくなった。問2で意味類推問題が登場した。これは文脈で解く問題。全体を通しての難易度は標準的。

第6問問2にも意味類推問題が登場した。意味類推問題は基本的には文脈で解く問題だが、下線部の意味をずばり知っていた受験生もいたと思われる。全体を通しての難易度は標準的。


ブログランキングに参加しています。
記事が参考になりましたら応援クリックお願いします!
↓ ↓ ↓
にほんブログ村 英語ブログ 英語学習情報へ 


カテゴリー: 大学受験英語コラム パーマリンク